Dear Chameleon #006

投稿日:

Dear Chameleon,

 

chameleon from K

ハッと身体を起こすと、 ハンモックがぐらりと揺れた。気を確かに持って砂地に降り立つと、半袖半ズボンからにょっきり覗いた自分の手足が極彩色のふわふわした毛並みに覆われていることに気が付いた。

 

chameleon from N

あらゆる形態が一時的なものであることは明らかである。なぜなら、形態は、力の様々な関係に依存し、これらの突然変異に依存するからである。ある哲学者によれば、〈人間〉という形態は、それ自身、有限性の襞において初めて成立した。本来、人間のなかの様々な力は、無限に向けて上昇する力と関係する。上昇する力はまさに外の力である。人間は圧迫されているので、彼自身を貫くもっと完全なこの力能に、彼自身は気づくことができない。

 

chameleon from Y

あらゆる感覚によってわたしはこの世のすべてと接続されていて、その記憶は様々なスケールの劇場となっていつでもわたしを迎え入れてくれます。プロセニアム・アーチの奥にゆれる影はきっとウィトルウィウスの亡霊で、シェイクスピアも世阿弥も、ライプニッツもマラルメも、流出する知と上昇する魂の煌きに幾度となくため息をついたことでしょう。わたしがバラバラに引き裂かれても、誰かがタブローの中の存在としてのわたしを再び想起してくれるのならば、わたしはあらゆる過剰を引き受ける準備があります。

Sincerely,

KEHAI-YA

 

CHAMELEON TOP / KEHAI-YA TOP

天命アーカイブ用_16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です